シガーの管理方法

シガーを保管する環境としては温度17度~20度、湿度70%前後が良いといわれています。四季を通じで温度管理をすることは大変手間隙と費用のかかる問題です。

ヒュミドール管理

シガーの量(本数)によってヒュミドールの大小を決めます。ヒュミドールは高価なものから手製のものまでいろいろと考えられます。
材質は杉材が一番適しています。杉は抗菌作用がありカビが発生しづらく、また杉の香りはシガーと相性が非常に良いようです。

カビの問題

温度20度以上、湿度60%以上ではカビが発生しやすくなります。
1週間ごとにシガーの管理状態を観察し、万一カビの発生がみられたらティッシュでラッパーを傷めないように軽くふき取ります。

熟成

充分に管理されたシガーは時間の経過の中でゆっくりと熟成されていきます。それはまさにワインが熟成によって深くコクがあり、かつまろやかになるのと似ています。
タバコ葉の樹液は、時間の経過の中でタールが軽減され、良質なアルコールを含んだシガーへと変化していきます。このようにビンテージシガーが誕生します。

シガーについて
Cigarの知識
Cigarリスト(ドライ等)
Cigarリスト(ハバナ)
Cigarリスト(その他)
Cigar専用灰皿
Cigar専用ケース
Cigar専用カッター