シガレット(紙巻たばこ)も、保管が大切です

安価で手に入りやすいシガレットですが、原料はシガーなどと同じたばこの葉で作られています。

当然、保管状態によって品質が変わってきます。
私の経験では、湿度が50%を切れた状態に長時間置かれたシガレットは、極端に味が悪くなるようです。タバコの種類によって湿度を微妙に変化させていくことが大切だということがわかってきました。気の抜けない作業ですが、やりがいのある仕事です。

当店ではシガレットの管理にもヒュミドールを使用しています。シガレットの管理は、温度20℃、湿度を50%~60%としています。

ひと味ちがうシガレットをどうぞ。