Peterson(ピーターソン)

1875年、アイルランドはダブリン市グラフトン通り55番地に、ドイツのニュールンベルグから移民してきたカップ兄弟、フリードリッヒとハインリッヒがたばこ店を開きました。3年後、1878年には、ラトビア出身のパイプ職人であるチャールズ・ピーターソンを招きパイプ作りを始めました。1890年にはパイプ内部に、ジュースを溜め込むスペースを設けて特許を取得した「ピーターソン・システム」を持つパイプが発売されました。社名もカップ兄弟会社から、カップ・アンド・ピーターソン社と改められました。その後1898年に吸い口のリップの煙道が上を向いている「ピーターソン・リップ」が開発され特許を取得しました。ピーターソンのパイプの特徴のもうひとつは、シャンクにマウントされた金属です。1900年代、盛んに作られていた「すり合わせ方式」のパイプでは、ダボ折れの心配があり、また力の入れ具合ではブライヤーのシャンクにヒビが入る事故が多発していました。そこでピーターソンは、ダボ折れの心配を、吸い口をアーミーにすることにより無くし、シャンクのひび割れの心配は、金属のマウントをつけることにより無くしました。いわば、「ヘビーデューティー用パイプ」としての確固たる地位を確立したパイプです。このようなパイプをまたは「アーミー・スタイル」とも言います。

Pick Up

システムデラックス・11Sサンド
“SYSTEM DELUXE”

大きめのパイプにピーターソン独特の手のかかったサンドブラスト加工が施され迫力があります。20Sより大きめのボウルに長めの吸い口がついています。ボウルに銀巻と太目のサドルの吸い口が定番です。アルミのフィルター付です。


システムデラックス・3Sスムース
“SYSTEM DELUXE”

ミディアムサイズのアップルベントです。ボウルに銀巻と太目のサドルの吸い口が定番です。アルミのフィルター付です。


システムプレミア・304
“SYSTEM PREMIER”

ミディアムボウルのセッターにスターリングシルバーのアーミーマウントは、典型的なアーミープッシュのパイプです。アルミのフィルターが付いています。


システムスタンダード 314
“SYSTEM STANDARD”

ミディアムボウルのニッケルマウントに、アーミープッシュのピーターソンリップを持った吸い口です。アーミープッシュのパイプの原型のようなパイプです。