DAN TOBACCO(ダンタバコ)

ダンタバコは1970年代初頭、当時大学院生だったハイコのパイプ好きが高じて始まった。彼はハンブルクの大学にほど近い小さなたばこ店でパイプの販売を始めるが、学生相手ではなかなか商売が成り立たず、販売促進のため独自にパイプカタログを制作した。そのマニアックな内容がパイプ通の評判となり、ビジネスとして軌道に乗って行く。さらに1980年代終わりには、郊外の古い農家を買い取り、パイプたばこの製造も開始。しかし、当時はアロマティックたばこが全盛で、彼が市場に入る余地はマニアックなパイプたばこを作る以外になかった。そこで彼は高品質な缶入りたばこを創り、一点一点丁重に説明文を付けて販売することで成功を収めた。

Pick Up

チューチュートレイン

2,000円(50g)

上質なバージニアを蜂蜜で漬け込んだユニークな加香たばこ。甘いバニラの香りにスムースな喫味。

ブルーノート

1,900円(50g)

上品さあふれる甘さにスムースな喫い心地。上質なたばこと香味成分がとてもよく調和。充分に熟成されたヴァージニアのキャヴェンディッシュが深みとコクを出している。トロピカルフルーツとバニラが強調された甘い喫味。常喫用。

テイクイットイージー

1,800円(50g)

野いちご、パッションフルーツ、それにココナッツを加えた、かなり強い香り。ブレンド自体の強さは気軽に常喫できるタイプ。ある程度のキック感もあり、メリハリの効いた製品。

バルカンブレンド

1,800円(50g)

典型的フル・イングリッシュ・ミクスチャー。最高品質のヴァージニア、ラタキア、オリエント。火力乾燥のケンタッキー、ルイジアナ・ペリグでブレンドされた定番中の定番。かなりの燻香が立ち上がる。オイリーな食事や肉料理の後に最適。

ダビンチ

1,800円(50g)

ヴァージニアとブラックキャヴェンディッシュのミクスチャー。キャンティワインで味付け、バニラと蜂蜜を上品な「甘さ」に表現。甘さの中にほのかな酸味。香りの持続性も良く、常喫可能。ラフカット。少し固く詰めての喫煙がお勧め。

バースデーブレンド

1,800円(50g)

テーマは「ブルーキュラソー」。ブライト・ヴァージニア、異なった数種類のヴァージニア、少量のバーレーがベース。オレンジリキュールでキャヴェンディッシュが作られている。ブルーキュラソーの爽やかで甘いカクテルの香りが特徴。火持ちもよくストレスを感じない。タンパーはこまめに使うといい。

スウィートバニラ・ハニーデュー

1,800円(50g)

上質な各種のヴァージニアにキャヴェンディッシュのミックスチャー。バニラの他に蜂蜜を加え、さっぱりとした甘さが最後まで持続。缶詰め前に手揉みしてあり、すぐに喫煙できる状態だが、少し揉んで柔らかくして火皿に詰めるのがコツ。

ディスカバリー

1,900円(50g)

ヴァージニアのベースに、オリエント、ラタキア、ペリグのブレンド。ブロークンフレイク。適度な酸味と甘味が最後まで持続。燃焼性がよいので、固詰めでこまめなタンパーワークを。食後の喫煙用として最適。火皿に詰める前によく揉むこと。

マラード

2,100円(50g)

甘い本格的なヴァージニアが楽しめる。ザンビアのヴァージニアをフレイクに仕上げ、パッキングする前にほぐしたレディー・ラブド・フレイク。喫味はリッチな熟成感があり、スムースでやわらかな煙が口腔内に響き渡る。加香系の好きなスモーカーでも充分に楽しめる。

ブラックブレンド

1,900円(50g)

マラスキノ酒(ブラックチェリーで作る甘い酒)の味付け。周囲にも好印象を与える優しく甘い香りは、まるで舞踏会の着飾った女性の色気を感じさせる。パイプは大きめなボウルで、豊かな煙量で楽しむ喫煙法がいい。キャラクターはフル。

デビルズホリデー

2,900円(100g)

「悪魔の祝日」。コンセプトは1930~40年代のジャズシーン。その時代の雰囲気と、「夜のたばこ」とも言うべき妖しい香りが官能的。ヴァージニアとバーレー、そしてブラックキャベンディッシュの酸味のあるフルーツフレーバー。マイルド。

ミロンガ

3,100円(100g)

インド・マイソールと、アルゼンチンの各ヴァージニアがベース。エグ味や雑味もなく、軽くてクリーミーなキャラメル風味。独特な甘い芳香はパーティーのシャンパンと共に。火持ちは良く燃焼速度が上がりやすいのでタンパーはこまめに。

テキーラサンライズ

3,500円(100g)

テキーラの芳香。喫煙する前から盛り上がれる甘くて楽しいたばこ。ブレンドにはさくらんぼ、ニッキ、アーモンドのフレーバーが複雑に混ざり合い、たばこのカクテルといった様相を呈している。香りのよいパーティ用のたばこ。マイルド。