パイプタバコの種類

タバコの葉は生産地や加工方法により様々な喫味に変化します。

代表的なタバコ葉

ヴァージニア

1612年、インディアンのプリンセスであったポカホンタスの夫ジョン・ロルフがヴァージニアにたばこの種を持ってきて育てたのが始まりです。
生産地は、ヴァージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、フロリダ州、そしてジョージア州ですが、日本はもちろんインド、アフリカ等世界的な規模でその生産地が広がっています。
ヴァージニアは土壌や、乾燥方法などにより色や喫味が変わります。
バーレーよりは強めな芳香と甘さを持ち、オイル分が少なくマイルドな喫煙ができます。
燃焼速度は、乾燥方法や製造方法によって違いがあります。

オリエント

ターキッシュと呼ぶこともあります。
バルカン半島からトルコ、シリア、キプロス島で作られるたばこで、ラタキアもオリエントに含まれています。オリエントの独特の香味と喫味は、パイプたばこのブレンドになくてはならないものです。

ラタキア

たばこの燻製です。
1870年頃シリア地中海沿岸地方ラージキーアのラタキア市でたばこ農夫が、収穫が多すぎたため、自宅の天井裏に余ったたばこを積んで置きっ放しにしました。当時、家庭での煮炊きの燃料はらくだの糞だったので、天井裏にあったたばこは燻製され、強烈な臭いを発するようになりました。農夫は、そのたばこを普段喫煙している自分のたばこにブレンドして吸ったところ、今までに経験したことのないすばらしい香りを発したので驚きました。これがラタキアの発見でした。
いまでは、各種のハーブや木片を炊いてスモークさせ、キュアリングさせています。
オイリーな暗褐色に変化したたばこは、酸味のある甘みを持ちますが、非常に強く、ストレートでの喫煙は不向きです。しかし、プランタの「ベロウアーズ・ラタキア」のように、ラタキアをストレートでも喫煙できるようにマイルドに仕上げた製品も出ています。

ペリク

たばこの漬物です。
1790年アメリカ建国直後、カナダのフランス人ピエール・チェネがルイジアナのセント・ジェームズ・パリッシュで地元のインディアン・チャクタウ族とチッカソー族の間で作られていたたばこに興味を持ちました。作り方は、大木をくりぬき、たばこを詰め圧力を加え、ジュースを搾り出します。そのジュースと 1ポンドほどに束ねられたたばこをオークの樽に入れて、圧力をかけて熟成発酵させます。取り出されたたばこは、約2週間自然乾燥させます。この行程を2回行い、その後、10ヶ月間加圧します。出来上がったたばこは、黒か黒に近い茶色となり、強い発酵臭を伴います。チェネは、独自の製法を加え商品として市場に出しました。名前のペリクは、ニューオーリンズの西方80キロにあるこの街でしかできないたばこです。作るのに大変手間がかかり、1960年代には20 数社あったメーカーが、現在では数家族だけになっています。
非常に強い芳香を持っているので、上限5%程度までのブレンドをお勧めします。ペリクをストレートで喫煙するのは無理があります。

バーレー

1864年にアメリカではじめて作られました。たばこの中で一番香料の浸透性がいいので、よくバニラ、チェリー等の香り付けに使われています。パイプたばこでは一番多く使われているバーレーは、クリーンでマイルド、ナチュラルな喫味を持っているので、ブレンドに加えることにより喫味を軽くする役目をします。
アメリカでの産地はテネシー州、ケンタッキー州、オハイオ州南部。バーレーはほとんどの種類のたばこに容易にブレンドすることができるため、ベースになるたばこの一つとして重要です。喫煙しているたばこが、極端に甘かったり、強すぎたりした場合は、バーレーを50%までの目安でブレンディングするとマイルドになります。最近流行のキューブカットはバーレーが使われています。

キャヴェンディッシュ

1660年前後、ニューキャッスル公爵のウイリアム・キャヴェンディッシュ公がこの製法を編み出しました。キャヴェンディッシュには、甘み成分を加えたものと生のままのたばこを使った2種類があります。甘味成分は、メープルシロップ、砂糖水、ラム、蜂蜜等で、加熱加圧してタバコを熟成させています。英語の表記では、甘味香料つきは"Flavored"あるいは"Sweet Aroma"など、甘味香料が付いていないものは"Pure"と表示されています。

ケンタッキー

アメリカのみでなく、世界各地で作られているたばこです。
キックのあるたばこで、パイプたばこでは、強さを出したいときに使われます。