How to Smoke the Pipe パイプの吸い方

すぐに火が消えてしまったり舌が痛くなったり、パイプスモーキングは苦痛だし理屈どおりにいかないと嘆かれるあなたへ。
思いのままのパイプスモーキングは、そこに至る長い道程を楽しみながら経験する事であなた独自の
喫煙方法が完成されます。
至福の一服を楽しむための手引きとなれば幸いです。

Step.1 まずはタバコを詰めることから

タバコの詰め方は諸説ありますが、大切なのは通気の具合があなたの喫煙に最適であること。堅く詰め過ぎると供給量が多く、タバコの燃焼力を高めその喫味を損なう原因となります。

1)層を重ねるようにタバコを詰める

よくもみほぐしたタバコを3~4回に分けてボウル容量の80%を 目安に詰めます。喫煙中に何回となくタンパーでタバコを押さえることになりますので、最初は緩め、徐々に硬詰めにしていくのがコツです。

2)詰めたタバコの表面の感触や空気の流入具合等をチェック

火を着けずに吸ってみます。スカスカすぎたり、吸い込めないくらい抵抗感がある場合はやり直しです。
詰め加減は人それぞれです。何度もチャレンジして自分のベストバランスを見つけましょう。

Step.2 スモーキング前のウォーミングアップ

本来のパイプスモーキングに入る前の準備に取り掛かります。

1)タバコ表面に満遍なく炎を着火

オイルライターはオイル臭がタバコに移るため、使わないほうがよいと言われますが、これも人それぞれです。
パイプをくわえて吸引しながらタバコ表面全体に着火してください。2~3服(10秒程度)するとタバコが膨張してきますので、頃合いを見て火を離します。

2)タバコ表面の成型

表面全体が炭化したタバコで覆われたら、タンパーで軽く押さえて準備完了!
あらためてタバコ表面に満遍なく着火したところで、パイプスモーキングの始まりです。

Step.3 ゆったりスモーキング

パイプスモーキングは、ボウル内への安定した酸素供給がポイントになります

1)呼吸の間合いでリラックスしたスモーキング

自然な呼吸をするように、パイプを通してゆっくりと優しく喫うと吹くを繰り返してください。そう、パイプは他の喫煙と異なり、「吹く」という所作が必要です。
「吸う」も「吹く」も強く行うのは厳禁です。ボウル内の火種が大きくなると、熱い煙が口内を刺激し、苦痛なだけでなく、タバコの片燃えを招き、ボウルの内壁を焦がす致命傷に成りかねません。
「火が消えたら又着ければいい」んです。おおらかな気持ちでゆっくりクールスモーキングを愉しみましょう。
火が消えたときは表面の灰を落とし、タンパーで平らにした後、再度着火してください。

2)タンパーを使い通気を調節

火の通りが悪かったり、加熱しすぎた場合など、タバコ表面をタンパーで軽く押さえて通気の調節を計ります。
その際、喫いながらこの作業をすることが火の立ち消えを防ぐコツとなります。又、吸わないときでも息を吹き込むようにして火種の維持を心掛けます。

3)喫煙を不快にする水分の除去

パイプ内に水分がたまったときはマウスピースを下に向けて軽く振るか、煙道をモールクリーナーで掃除します。

4)タバコは最後まで喫い尽くす

詰めたタバコを最後まで喫い尽くすことで、ボウルの壁面に均一なカーボン(STEP4-2)の付着が可能になります。

Step.4 セルフ・メンテナンス

喫煙終了後にパイプのケアを欠かさないことは、次回スモーキングでのタバコの喫味を損なわないだけでなく、パイプを長持ちさせる為にも有効です。

1)喫煙後のクリーニング

パイプが温かいうちにマウスピースを外すと、シャンクやダボ部を破損する恐れがあります。パイプが完全に冷めた事を確認した後、ボウル内壁を傷つけないように注意して溜まった灰を除去します。又、マウスピースを慎重に回しながら外した後、モールクリーナーで十分にヤニや、水分を掃除してください。

2)カーボンの厚みを一定に維持する

パイプスモーキングを重ねる度にボウル内壁に付着したカーボンが厚みを増します。カーボンは喫煙中にタバコから出る油脂分と灰の混合物で、ボウルを火熱から保護し、タバコから出る水分を吸収することでその喫味をマイルドにします。
しかし、厚いまま放置すると、膨張・収縮率の速いからボウルにひび割れを生じさせることがある為、リーマーで成型する必要があります。カーボンの厚みは、1.5~2mm位が適当で、ボウル内壁に均等な厚みを残して残りは捨てます。

3)パイプの保管

パイプについた手垢等は、ポリッシュクロスで完全に拭い去るようにして下さい。メンテナンス後のパイプは十分に乾燥させた後、パイプスタンドに立て掛けるか、パイプポウチに入れて保管します。
良いパイプはしっかりメンテナンスしながら長く使い続けると、味わいある色艶になってきます。
「道具を育てる」という感覚も、喫煙の中ではパイプだけがもつ楽しみといえるでしょう。